マンガで民法判例がわかーる。

民法の重要判例をマンガで解説! 国家試験対策にチェックチェック♪

公務員試験・宅建士・行政書士試験に必須の民法判例をマンガで記憶しやすく、誰にでもわかりやすく判決内容を解説するブログですよ。
皆さまの試験対策にお役立てください(^O^)/

所有権(不動産)

『法律行為の取消と登記』をマンガで解説。 詐欺取消後は登記無しで第三者に対抗できるの?

■ブログ版ではここから結末部分は非公開となります。 判例マンガの全編はこちらで見れます♪ <androidアプリ版>➡お得な買切版! ➡「月額課金版」は短い期間だけ利用ならお得! androidアプリ版は全判例収録でお得! <note版(iphoneユーザー向け)> *iph…

『共有者の一人による不実登記の抹消手続請求』をマンガで解説。 共有者は単独でも抹消登記請求できるの?

平成15年7月11日 持分全部移転登記抹消登記手続等請求事件 最高裁 第二小法廷*実際の事例では、パン男さんの死亡にパン吉さんが絡んでおり、相続人はパン吉さん含めて4名いました。 ポイントは? 共有者というのは、自分の持分については自由に処分をするこ…

『建物の付合』をマンガで解説。 賃借人が増築した部分の所有権はどうなる?

■ブログ版ではここから結末部分は非公開となります。 判例マンガの全編はこちらで見れます♪ <androidアプリ版>➡お得な買切版! ➡「月額課金版」は短い期間だけ利用ならお得! androidアプリ版は全判例収録でお得! <note版(iphoneユーザー向け)> *iph…

『建築途中で請負人が変わった建物の所有権』をマンガで解説。 途中で建築者が変わった場合は誰が所有権を取得する?

昭和54年1月25日 家屋明渡請求事件 最高裁 第一小法廷*実際の事例ではカラス田さんとハムちゃんの間では、建物が完成した場合の所有権は最初からハムちゃんに帰属するという契約がされていました。 ポイントは? パン田さんの主張は、材料を用意してそれを…

『建築中の建物の譲渡』をマンガで解説。 建物が不動産になる時期はいつ?

昭和10年10月1日 所有権確認並家屋明渡請求事件 大審院 第二民事部判決 ポイントは? この判例の分かり辛いところは、所有権を争っているはずなのに、なぜか「建物がいつから不動産になるのか?」が論点になっていることではないでしょうか。 なぜこのような…

『海にある土地の所有権』をマンガで解説。 海にある自分の土地の滅失登記は有効?無効?

昭和61年12月16日 最高裁判所 第三小法廷判決 ポイントは? 海が所有権の対象になり、登記をすることも出来るのかどうかが争われた事件です。結論は簡単なもので「海は土地じゃないから登記できない」というものです。「昔から海のまま」であったことを理由…

『一筆の土地一部の取引』をマンガで解説。 一筆の土地一部でも売買できるの?

大正13年10月7日 大審院 民事部連合判決 ポイントは? 土地というのは、一筆ごとに登記されるので売買をするとしても、一筆単位でないと売買の対象にならないのでは?ということで争いになった事例です。 結論としては、一筆を分筆(一筆を分けること)しな…

          f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain
              
          f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain f:id:sibakiyo:20180323164635j:plain


<本サイトについて>本サイトは宅建士、行政書士、公務員試験、司法書士などの国家試験対策、法学部学生の勉強に役立つ民法判例(主に民法判例百選で紹介されている判例を中心にピックアップ)をマンガでわかりやすく紹介しています。一般的には分かり辛い判決内容が誰でもわかるようになっています。皆さまの国家試験対策等にお役立て頂けましたら幸いです。なお、マンガ・文章を問わず無断転載・転用は禁止です。