読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガで民法判例がわかーる。

民法の重要判例をマンガで解説! 国家試験対策にチェックチェック♪

公務員試験・宅建士・行政書士試験に必須の民法判例をマンガで記憶しやすく、誰にでもわかりやすく判決内容を解説するブログですよ。
皆さまの試験対策にお役立てください(^O^)/

『制限行為能力者の詐術』をマンガで解説。 黙っていたら騙したことになるの?

f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

制限行為能力者の詐術解説マンガ1ページ

制限行為能力者の詐術解説マンガ2ページ

制限行為能力者の詐術解説マンガ3ページ

制限行為能力者の詐術解説マンガ4ページ

 昭和44年2月13日 最高裁判所第一小法廷判決 

ポイントは?

民法第21条では「制限行為能力者が行為能力者であることを信じさせるため詐術を用いたときは、その行為を取り消すことができない。」と定めています。
詐術つまり、騙して契約をした場合にまで被保佐人を保護しないよと法律に明記されているんですね。

 

この裁判で問題になったのは被保佐人であることを黙っていたことが詐術と言えるかどうか?ということなのです。


マンガには書かれていませんが、ポチさんはただ単純に黙っていただけではなく「自分のものを自分が売るのに何故妻に遠慮がいるか」とも発言していたりもしたのです。

 

判決では「自分のものを自分が売るのに何故妻に遠慮がいるか」という発言は能力に関して言及した訳ではないから、これだけで詐術を用いたとは言えないとしています。また、被保佐人であることを黙秘していたとしてもその他の言動と相まって、相手に誤解を与えたような場合で無ければ詐術とは言えないと判断しました。

 

なお、判決当時は被保佐人という制度はなく、準禁治産者というものでした。

 

関連条文は?

民法 第13条4 

保佐人の同意を得なければならない行為であって、その同意又はこれに代わる許可を得ないでしたものは、取り消すことができる。


民法 第21条 

制限行為能力者が行為能力者であることを信じさせるため詐術を用いたときは、その行為を取り消すことができない。

          f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

          古本買取トラノマキ査定申込


<本サイトについて>本サイトは宅建士、行政書士、公務員試験、司法書士などの国家試験対策、法学部学生の勉強に役立つ民法判例(主に民法判例百選で紹介されている判例を中心にピックアップ)をマンガでわかりやすく紹介しています。一般的には分かり辛い判決内容が誰でもわかるようになっています。皆さまの国家試験対策等にお役立て頂けましたら幸いです。なお、マンガ・文章を問わず無断転載・転用は禁止です。