マンガで民法判例がわかーる。

民法の重要判例をマンガで解説! 国家試験対策にチェックチェック♪

公務員試験・宅建士・行政書士試験に必須の民法判例をマンガで記憶しやすく、誰にでもわかりやすく判決内容を解説するブログですよ。
皆さまの試験対策にお役立てください(^O^)/

『一筆の土地一部の取引』をマンガで解説。 一筆の土地一部でも売買できるの?

f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

一筆の土地一部の取引解説マンガ1ページ

一筆の土地一部の取引解説マンガ2ページ

一筆の土地一部の取引解説マンガ3ページ

一筆の土地一部の取引解説マンガ4ページ

大正13年10月7日 大審院 民事部連合判決 

ポイントは?

土地というのは、一筆ごとに登記されるので売買をするとしても、一筆単位でないと売買の対象にならないのでは?ということで争いになった事例です。

結論としては、一筆を分筆(一筆を分けること)しないまま売買することは問題ないということになりました。

 

要件としては、次の通りです。
・土地の所有者が一筆の土地を区分する
・標識などで区分を明確にする
 以上をきちんとしていれば、売る対象物が明確になるので問題無いという考え方なのですね。

 

ちなみに、土地一筆の一部を購入しても、分筆しなければ登記をすることは出来ません。

 

関連条文は?

民法 第176条
物権の設定及び移転は、当事者の意思表示のみによって、その効力を生ずる。

          f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain
<本サイトについて>本サイトは宅建士、行政書士、公務員試験、司法書士などの国家試験対策、法学部学生の勉強に役立つ民法判例(主に民法判例百選で紹介されている判例を中心にピックアップ)をマンガでわかりやすく紹介しています。一般的には分かり辛い判決内容が誰でもわかるようになっています。皆さまの国家試験対策等にお役立て頂けましたら幸いです。なお、マンガ・文章を問わず無断転載・転用は禁止です。