マンガで民法判例がわかーる。

民法の重要判例をマンガで解説! 国家試験対策にチェックチェック♪

公務員試験・宅建士・行政書士試験に必須の民法判例をマンガで記憶しやすく、誰にでもわかりやすく判決内容を解説するブログですよ。
皆さまの試験対策にお役立てください(^O^)/

『金銭貸付と暴利行為』をマンガで解説。 2倍のお金を請求するのは暴利行為になる?

f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

金銭貸付と暴利行為の解説マンガ1ページ

金銭貸付と暴利行為の解説マンガ2ページ

金銭貸付と暴利行為の解説マンガ3ページ

金銭貸付と暴利行為の解説マンガ4ページ

f:id:sibakiyo:20150602221257j:plain

昭和9年5月1日 損害金請求事件 大審院 第二民事部判決 

ポイントは?

 

この裁判では、どのような場合に暴利行為と言えるかが争われました。

 

判決では
・困っていること(窮迫)や、知識の無さを利用していること
・著しく過大な利益を得る目的があったこと
以上を理由として、民法90条(公序良俗に反する)に基づき無効と判断しました。

 

なお、現在では利息制限法で利息の上限が定められていますので、暴利行為にあたるかどうかを利息の過多で判断する必要は無くなりました(利息制限法の上限を超える利息は無効となる)。

 

お金を借りた側のパン田さんも、貸金業者相手に良い度胸しているなと感心する判例でした。

 

関連条文は?

 

民法第90条
公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

          f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

          古本買取トラノマキ査定申込


<本サイトについて>本サイトは宅建士、行政書士、公務員試験、司法書士などの国家試験対策、法学部学生の勉強に役立つ民法判例(主に民法判例百選で紹介されている判例を中心にピックアップ)をマンガでわかりやすく紹介しています。一般的には分かり辛い判決内容が誰でもわかるようになっています。皆さまの国家試験対策等にお役立て頂けましたら幸いです。なお、マンガ・文章を問わず無断転載・転用は禁止です。