マンガで民法判例がわかーる。

民法の重要判例をマンガで解説! 国家試験対策にチェックチェック♪

公務員試験・宅建士・行政書士試験に必須の民法判例をマンガで記憶しやすく、誰にでもわかりやすく判決内容を解説するブログですよ。
皆さまの試験対策にお役立てください(^O^)/

『証券取引と損失保証契約』をマンガで解説。 損失保証契約は公序良俗に反する?

f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

証券取引と損失保証契約解説マンガ1ページ

証券取引と損失保証契約解説マンガ2ページ

証券取引と損失保証契約解説マンガ3ページ

証券取引と損失保証契約解説マンガ4ページ

証券取引と損失保証契約解説マンガ5ページ

証券取引と損失保証契約解説マンガ6ページ

平成15年4月18日 約定金、寄託金返還請求事件 最高裁 第二小法廷判決
*実際の事例では、資金運用をしたのはカラス田証券の関連会社です。また、大蔵省により損失保証を禁止する通達が出された後に締結された損失保証契約も存在します(通達後の損失保証契約は無効とされています)。 

ポイントは?

 

この事件の元になった損失保証契約が結ばれた当時は、損失保証契約は禁止されていませんでした。ところが、契約が結ばれた後に損失保証契約が禁止されてしまった訳です。

 

このような場合に契約は無効となるのか、有効となるのか。民法では「公序良俗に反する契約は無効」と定めていますが、その公序(常識)はいつの時点を基準にするべきかということが論点となったのです。

 

結論としては、契約時点の公序を基準にして、問題が無ければ損失保証契約は有効としました。しかし、ここがややこしいところですが、その請求をする行為が現在の法律に抵触するということで、請求は認めないという判断がされました。

 

契約は有効だが請求は認めないという変則的な判決なので、意識的に結論を覚えるようにしましょう。


関連条文は?

 

民法第90条
公の秩序又は善良の風俗に反する事項を目的とする法律行為は、無効とする。

          f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain
<本サイトについて>本サイトは宅建士、行政書士、公務員試験、司法書士などの国家試験対策、法学部学生の勉強に役立つ民法判例(主に民法判例百選で紹介されている判例を中心にピックアップ)をマンガでわかりやすく紹介しています。一般的には分かり辛い判決内容が誰でもわかるようになっています。皆さまの国家試験対策等にお役立て頂けましたら幸いです。なお、マンガ・文章を問わず無断転載・転用は禁止です。