マンガで民法判例がわかーる。

民法の重要判例をマンガで解説! 国家試験対策にチェックチェック♪

公務員試験・宅建士・行政書士試験に必須の民法判例をマンガで記憶しやすく、誰にでもわかりやすく判決内容を解説するブログですよ。
皆さまの試験対策にお役立てください(^O^)/

『故意の条件成就』をマンガで解説。 かつらの特許を強引に侵害させたら民法130条は適用されるの?

f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

『故意の条件成就』解説マンガ1ページ目

『故意の条件成就』解説マンガ2ページ目

『故意の条件成就』解説マンガ3ページ目

『故意の条件成就』解説マンガ4ページ目

『故意の条件成就』解説マンガ5ページ目

『故意の条件成就』解説マンガ6ページ目

平成6年5月31日 執行分付与に対する異議事件 最高裁 第三小法廷判決
*実際の事例は、パン田ネーチャーとカラランスの間で最初に裁判手続きの中で和解がされており、カラランスが和解調書に基づき強制執行手続きのために執行文付与を申し立て、これに対してパン田ネーチャーが異議申し立てをしたというものです。

ポイントは?

 この事件は、民法130条の

「条件が成就することで、不利益を受ける人が、条件成就をわざと邪魔したら相手方は条件を成就したってことにしていいよ」
 という規定が論点となっています。

 

 民法には上記のとおり、「邪魔をしたら成就」とは書いてあるのですが、その逆の「条件が成就することで、利益を受ける人が、わざと条件を成就させた」ときにどうなるかは規定していないのです。
*今後予定されている、民法の大改正において今回のような逆の場合についても規定されるようです。

 

 判決では、こういった場合は民法130条を類推適用して、「条件は成就しなかったことになる」と判断しました。
 
関連条文は?

第130条
条件が成就することによって不利益を受ける当事者が故意にその条件の成就を妨げたときは、相手方は、その条件が成就したものとみなすことができる。

          f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain
<本サイトについて>本サイトは宅建士、行政書士、公務員試験、司法書士などの国家試験対策、法学部学生の勉強に役立つ民法判例(主に民法判例百選で紹介されている判例を中心にピックアップ)をマンガでわかりやすく紹介しています。一般的には分かり辛い判決内容が誰でもわかるようになっています。皆さまの国家試験対策等にお役立て頂けましたら幸いです。なお、マンガ・文章を問わず無断転載・転用は禁止です。