マンガで民法判例がわかーる。

民法の重要判例をマンガで解説! 国家試験対策にチェックチェック♪

公務員試験・宅建士・行政書士試験に必須の民法判例をマンガで記憶しやすく、誰にでもわかりやすく判決内容を解説するブログですよ。
皆さまの試験対策にお役立てください(^O^)/

『売買契約解除による原状回復義務と保証人の責任』をマンガで解説。 保証に原状回復義務は含まれるの?

f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

『売買契約解除による原状回復義務と保証人の責任』マンガ1ページ目

『売買契約解除による原状回復義務と保証人の責任』マンガ2ページ目

『売買契約解除による原状回復義務と保証人の責任』マンガ3ページ目

『売買契約解除による原状回復義務と保証人の責任』マンガ4ページ目


■ブログ版ではここから結末部分は非公開となります。

判例マンガの全編はこちらで見れます♪

<アプリ版>
f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain
➡お得な買切版!

f:id:sibakiyo:20161218123554j:plain
➡「月額課金版」は短い期間だけ利用ならお得!

 アプリ版は全判例収録でお得!

<note版>
f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain
*iphoneユーザーはnote版をどうぞ!
*note版ではこの判例は「債権編」に収録されています。

<Kindle版>
f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain←現在「総則・物権編」のみ。
*Kindle版にこの判例は収録されていません。


昭和40年6月30日 物件引渡等請求事件 第二小法廷

*実際の事例では、売買契約時の保証範囲の特約の有無等について審理させるため、破棄差戻しとしています。 

ポイントは?

 保証人がどこまで責任を負うべきなのか?というのは民法447条に次のように書かれています。

「保証人は、主たる債務に関する利息、違約金、損害賠償その他その債務に従たるすべてのものに責任を持ってね。」

 

 この言葉通りに読めば、マンガの事例のような売買契約が解除されたときの、原状回復義務についても保証人は責任を負うことになりそうな気もします。

 

 しかし、過去の判例(大審院大正6年判決)でこれは否定されていました。なぜかというと、原状回復義務は本来あった債務が消滅した結果、生まれたまったく別の債務だというのがその理由とされています。まったく別の債務について保証人が責任を持つのはおかしいという訳です。今回のマンガの事例でもやはり同じ結論となるのかどうか?ということで争われたのです。

 

 判決では、過去の判例を覆して保証人の責任は原状回復義務にも及ぶとしました。マンガの事例のような売買契約で、物を引き渡す売り主側を保証する場合に保証人に期待されるのは、物を引き渡すことの保証というよりも、物を引き渡してもらえなかったときの損害への保証という側面が強いことから、損害賠償義務だけではなく、原状回復義務についても責任を負うべきだと判断しました。

 

 ちなみに、特約で「保証人は原状回復義務を負わないよ」などとしていれば保証人は当然原状回復義務を負わないことになります。

 

関連条文は?

第447条

1.保証債務は、主たる債務に関する利息、違約金、損害賠償その他その債務に従たるすべてのものを包含する。

 

第545条
1.当事者の一方がその解除権を行使したときは、各当事者は、その相手方を原状に復させる義務を負う。ただし、第三者の権利を害することはできない。
2.前項本文の場合において、金銭を返還するときは、その受領の時から利息を付さなければならない。
3.解除権の行使は、損害賠償の請求を妨げない。

          f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain
<本サイトについて>本サイトは宅建士、行政書士、公務員試験、司法書士などの国家試験対策、法学部学生の勉強に役立つ民法判例(主に民法判例百選で紹介されている判例を中心にピックアップ)をマンガでわかりやすく紹介しています。一般的には分かり辛い判決内容が誰でもわかるようになっています。皆さまの国家試験対策等にお役立て頂けましたら幸いです。なお、マンガ・文章を問わず無断転載・転用は禁止です。