マンガで民法判例がわかーる。

民法の重要判例をマンガで解説! 国家試験対策にチェックチェック♪

公務員試験・宅建士・行政書士試験に必須の民法判例をマンガで記憶しやすく、誰にでもわかりやすく判決内容を解説するブログですよ。
皆さまの試験対策にお役立てください(^O^)/

『瑕疵修補に代わる損害賠償請求権と請負代金』をマンガで解説。 欠陥住宅の損賠賠償請求権と請負代金の支払いは同時履行の関係になるの?

f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

『瑕疵修補に代わる損害賠償請求権と請負代金』マンガ1ページ目

『瑕疵修補に代わる損害賠償請求権と請負代金』マンガ2ページ目

『瑕疵修補に代わる損害賠償請求権と請負代金』マンガ3ページ目

『瑕疵修補に代わる損害賠償請求権と請負代金』マンガ4ページ目


■ブログ版ではここから結末部分は非公開となります。

判例マンガの全編はこちらで見れます♪

<アプリ版>
f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain
➡お得な買切版!

f:id:sibakiyo:20161218123554j:plain
➡「月額課金版」もあります!

 アプリ版は全判例収録でお得!

<note版>
f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain
*iphoneユーザーはnote版をどうぞ!
*note版ではこの判例は「債権編」に収録されています。

<Kindle版>
f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain←現在「総則・物権編」のみ。
*Kindle版にこの判例は収録されていません。


平成9年2月14日 工事代金請求事件 第三小法廷判決 

ポイントは?

 請負契約というのは、依頼された仕事を完了させること、仕事完了後に報酬を支払う約束をすることによって成立します。今回のケースでは、パン田さんがカラス田さんと住宅建築の請負契約を結んだということになります。

 

 請負契約の結果出来上がったものに欠陥(瑕疵)がある場合に、どうするのかについて民法では次のように規定されています。

・完成したものに欠陥があれば、直すように請求できるよ。

・直すように請求するのと同時に損害賠償請求もできるよ。

・損害賠償請求だけもできるよ。

・損害賠償請求権は、請負代金の支払いと同時履行になるよ。

 

 パン田さんは、カラス田さんに欠陥住宅を直すように請求したのですが、それを拒否されてしまったため、損害賠償請求だけをすることにした訳です。実際のところ、欠陥住宅を作ってしまったような業者に修理をさせるよりは、より信頼できる業者に修理してもらって、欠陥住宅を作った業者には損害賠償だけをさせるということもあるのです。

 

 そして、上記のとおり民法では損害賠償請求権と請負代金の支払いは同時履行の関係になるとしています。ところが、請負代金は損害賠償金と比較すると約9倍もの差があって、そもそも金額からして対等ではないのです。こんなときに、請負代金と損害賠償金の差額部分に関しては、同時履行の関係に立たないことになって遅延損害金が発生するのではないかということで争いになったのです。

 

 判決では、請負代金と損害賠償金は金額に差があったとしても、その全額が同時履行の関係になるという判断をしました。ただし、欠陥の程度や、交渉態度から信義則に反するような場合は同時履行の抗弁権が認められない場合もあるとしています。 

 

関連条文は?

 

第533条

双務契約の当事者の一方は、相手方がその債務の履行を提供するまでは、自己の債務の履行を拒むことができる。ただし、相手方の債務が弁済期にないときは、この限りでない。

 

第632条

請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

 

第634条

1.仕事の目的物に瑕疵があるときは、注文者は、請負人に対し、相当の期間を定めて、その瑕疵の修補を請求することができる。ただし、瑕疵が重要でない場合において、その修補に過分の費用を要するときは、この限りでない。

2.注文者は、瑕疵の修補に代えて、又はその修補とともに、損害賠償の請求をすることができる。この場合においては、第533条の規定を準用する。

          f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain
<本サイトについて>本サイトは宅建士、行政書士、公務員試験、司法書士などの国家試験対策、法学部学生の勉強に役立つ民法判例(主に民法判例百選で紹介されている判例を中心にピックアップ)をマンガでわかりやすく紹介しています。一般的には分かり辛い判決内容が誰でもわかるようになっています。皆さまの国家試験対策等にお役立て頂けましたら幸いです。なお、マンガ・文章を問わず無断転載・転用は禁止です。