マンガで民法判例がわかーる。

民法の重要判例をマンガで解説! 国家試験対策にチェックチェック♪

公務員試験・宅建士・行政書士試験に必須の民法判例をマンガで記憶しやすく、誰にでもわかりやすく判決内容を解説するブログですよ。
皆さまの試験対策にお役立てください(^O^)/

『抵当権と敷地借地権』をマンガで解説。 建物を競売されたら借地権もついてくる?

f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

『抵当権と敷地借地権』解説マンガ1ページ目

『抵当権と敷地借地権』解説マンガ2ページ目

『抵当権と敷地借地権』解説マンガ3ページ目

『抵当権と敷地借地権』解説マンガ4ページ目

昭和40年5月4日 建物収去土地明渡請求事件 最高裁 第三小法廷

*実際の事例では、パン田さんはハムちゃんに代位して牛田さんに対して建物収去と土地の明渡しを求めていました。 

ポイントは?

 抵当権を設定した家がある土地に、借地権が設定されていた場合、競売で家の所有権を手に入れた人はどうなるのか?ということで争いになった事例です。

 

 土地と家の所有者は同じ場所に合ったとしても一緒とは限りません。この事例のように、土地を借りてその土地の上に家を建てるという場合もあるのです。

 

 家を競売で手に入れた人は、家の所有権を手に入れるのは当然ですが、土地を利用する権利も得ないと家を使うことが出来なくなって競売の意味が無くなってしまいます。

 

 判決では、抵当権が実行されて家の所有権を手に入れた人は、土地を利用する権利も手に入れるという判断をしました。ハムちゃんはパン田さんに土地を貸す契約をしていますが、当事者同士が何と言おうが競売で家を手に入れた人が、借地権も手に入れてしまうという訳です。

 

 建物は土地を利用する権利と一体となって初めて価値が出るのであって、土地を使えないとなると価値が無くなってしまいます。そこで、抵当権の効力は借地上の建物だけではなくて、借地権も含まれるということとなりました。  

関連条文は?

第370条

抵当権は、抵当地の上に存する建物を除き、その目的である不動産(以下「抵当不動産」という。)に付加して一体となっている物に及ぶ。ただし、設定行為に別段の定めがある場合及び第424条の規定により債権者が債務者の行為を取り消すことができる場合は、この限りでない。 

          f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

          古本買取トラノマキ査定申込


<本サイトについて>本サイトは宅建士、行政書士、公務員試験、司法書士などの国家試験対策、法学部学生の勉強に役立つ民法判例(主に民法判例百選で紹介されている判例を中心にピックアップ)をマンガでわかりやすく紹介しています。一般的には分かり辛い判決内容が誰でもわかるようになっています。皆さまの国家試験対策等にお役立て頂けましたら幸いです。なお、マンガ・文章を問わず無断転載・転用は禁止です。