マンガで民法判例がわかーる。

民法の重要判例をマンガで解説! 国家試験対策にチェックチェック♪

公務員試験・宅建士・行政書士試験に必須の民法判例をマンガで記憶しやすく、誰にでもわかりやすく判決内容を解説するブログですよ。
皆さまの試験対策にお役立てください(^O^)/

『同順位の債権譲受人間での供託金還付請求権の帰属』をマンガで解説。 差押えと債権譲渡のどちらが先かわからないときどうする?

f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

『同順位の債権譲受人間での供託金還付請求権の帰属』マンガ1ページ目

『同順位の債権譲受人間での供託金還付請求権の帰属』マンガ2ページ目

『同順位の債権譲受人間での供託金還付請求権の帰属』マンガ3ページ目

『同順位の債権譲受人間での供託金還付請求権の帰属』マンガ4ページ目

『同順位の債権譲受人間での供託金還付請求権の帰属』マンガ5ページ目


■ブログ版ではここから結末部分は非公開となります。

判例マンガの全編はこちらで見れます♪

<アプリ版>
f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain
➡お得な買切版!

f:id:sibakiyo:20161218123554j:plain
➡「月額課金版」は短い期間だけ利用ならお得!

 アプリ版は全判例収録でお得!

<note版>
f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain
*iphoneユーザーはnote版をどうぞ!
*note版ではこの判例は「債権編」に収録されています。

<Kindle版>
f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain←現在「総則・物権編」のみ。
*Kindle版にこの判例は収録されていません。


平成5年3月30日 供託金還付請求権確認請求本訴、同反訴事件 第三小法廷 

ポイントは?

 債権差押えと債権譲渡が競合してしまった場合にどうなるのか?ということで争いになった事例です。

 

 『債権譲渡の対抗要件の構造』の判例で紹介したとおり、確定日付が同じだったとしても通知が到達した時間が早いほうが優先されることになります。

 

 ところが、通知が到達した時間が分からないことから問題が複雑化してしまったのです。まず、到達した時間が分からない場合は、“同時に到達した”ものとして扱われます。そして、牛田さんもパン田さんも二人ともがカラス田さんに権利を主張できます。

 

 ですが、牛田さんとパン田さんの間での優劣が分からないのです。

 

 判決では、牛田さんもパン田さんも相手に対して自分が優先すると主張できないという判断をしました。そして、供託されたお金については、公平の原則に照らして差押え債権額と譲渡金額で案分して、平等に分割して取得することにされました。

 

関連条文は?

第466条

1.債権は、譲り渡すことができる。ただし、その性質がこれを許さないときは、この限りでない。

2.前項の規定は、当事者が反対の意思を表示した場合には、適用しない。ただし、その意思表示は、善意の第三者に対抗することができない。

 

第467条

1.指名債権の譲渡は、譲渡人が債務者に通知をし、又は債務者が承諾をしなければ、債務者その他の第三者に対抗することができない。

2.前項の通知又は承諾は、確定日付のある証書によってしなければ、債務者以外の第三者に対抗することができない。

          f:id:sibakiyo:20160228211753j:plain f:id:sibakiyo:20160221180445j:plain  f:id:sibakiyo:20160223081426j:plain f:id:sibakiyo:20160303220838j:plain

          古本買取トラノマキ査定申込


<本サイトについて>本サイトは宅建士、行政書士、公務員試験、司法書士などの国家試験対策、法学部学生の勉強に役立つ民法判例(主に民法判例百選で紹介されている判例を中心にピックアップ)をマンガでわかりやすく紹介しています。一般的には分かり辛い判決内容が誰でもわかるようになっています。皆さまの国家試験対策等にお役立て頂けましたら幸いです。なお、マンガ・文章を問わず無断転載・転用は禁止です。